西原理恵子に学ぶ、お金の正しい使い方

このサイトは、西原理恵子先生のエッセイ「この世でいちばん大事な「カネ」の話」の研究サイトです。

あなたは、お金に困ったこと、ありますか?

もし、その答えが「No!」ならば、あなたはとても恵まれている人です。

とても幸運な星の下に生まれたと言っていいでしょう。

だけど、人間は自分が生まれる環境を選ぶことができません。

生まれつきお金に不自由しない人がいる一方で、どうしようもなく貧乏な家に生まれてしまう子供も、当然います。

そして、貧乏な家に生まれてしまう子供は、なかなかその環境から抜け出すことができません。

この世でいちばん大事な「カネ」の話の作者、漫画家の西原理恵子先生も、生まれは高知県の貧乏な漁師町。
そこで生まれて、貧乏な環境に育ったサイバラさんは、なんとかその環境から抜けだそうともがき苦しみます。
そして、様々なきっかけがあって上京し、そこでまたお金に苦しめられることに。

そうした苦しい環境の中で、サイバラさんは少しづつお金に対して独自の哲学を持つようになっていきます。

そうしたお金にまつわる、自ら苦しんだ実体験をもとにして書かれたエッセイが、「この世でいちばん大事な「カネ」の話」という本です。

この本には、貧乏が招き入れる不幸や、お金を正しく使わないことがどれだけの災いをもたらすか、また、ギャンブルについて、才能について、飾らない言葉で書かれています。
どれも実体験からくる話だけに、とても胸にずっしりくる内容になっています。

ここでは、そんな西原理恵子先生の言葉の一部を引用しながら、お金の大切さについて、一緒に考えていけたらと思っています。

よろしくお願いいたします!

お金についてもっとよく知るために・・・

このサイトに書かれている西原理恵子先生の言葉、重くずっしりとのしかかってくるかと思います。
貧乏は本当に嫌ですよね!人生を暗くします。
でも、西原理恵子先生は同時に、お金をただ単に貯めこむのもよくない、と思っているようです。
やっぱりお金は有効に使わないといけないですからね。
そうした、お金を有効に使うために、オススメなのが、こちらのプロミス研究サイト
こちらでは、今や常識となったキャッシングのいろはから奥の手まで、多角的にプロミスのことが研究されています。
お金は常に必要なもの。特に、突然必要になった時に、うまく対処できないととても困ったことになります。
そうした困難に立ち向かうためには、お財布に一枚キャッシングカードがあれば、とても心強いと思いますよ!
ぜひサイト読んでみてくださいね!