Category Archives: ギャンブルの話

「依存症」という病気

ギャンブルをして、使ってはいけないお金にまで手を出すようになったら、それはもう、「依存症」という病気なんだよ。
病気にたとえているわけじゃない。「ギャンブルに依存している」という、立派な病気。病気だから、本人が自分の意志でコントロールすることが難しい。

Leave a Comment

Filed under ギャンブルの話

「貧乏」と「ギャンブル」と「借金」

ギャンブルのために借金なんかしたら、行き先は絶対に「地獄」だと思っていい。
「貧乏」と「ギャンブル」と「借金」は、そのくらい直接に結びつくものなのよ。
本当は、お金がないときにいちばん手を出したらいけないのがギャンブルなのに、現実はむしろ逆だよね。お金がないことを、ギャンブルで何とかしようと考えてしまう人が多い。これは本当に、危険な考え方だと思う。

Leave a Comment

Filed under ギャンブルの話, 貧乏の話

大手の企業なんかだと・・・

大手の企業なんかだと、「赤字がこのくらい出たら、その部門は撤退」というマニュアルをあらかじめ決めてあるんだよ。そのくらい引き時を見極めて、ちゃんと「やめる」という決断をするのって、本当に難しいもんだなって思う。

Leave a Comment

Filed under ギャンブルの話

ギャンブルって、もしかしたら

ギャンブルって、もしかしたら恋愛に似てるのかもしれないね。
恋愛だって「相手にここまでみついじゃったのに、いまさら別れるわけにはいかないよ!」ってことがある。別れるなんてムリ、もう引き返せない。あれとおんなじよ。

Leave a Comment

Filed under ギャンブルの話

バクチは一本

「バクチは一本。泣くならやるな」という言葉がある。
「二本も、三本も、いろんなバクチをするもんじゃない。やるならひとつだけにしろ。ひとつだけにすれば、それなりに得られるものが何かある」という意味。

Leave a Comment

Filed under ギャンブルの話

ギャンブルっていうのは・・・

ギャンブルっていうのはどうやって勝つかじゃない。負けたときにどう切り返すかだ。ひと月ぶんの稼ぎが一晩でなくなったとしても、そこで言うギャグのおもしろさを競うくらいじゃないと。

Leave a Comment

Filed under ギャンブルの話

最低限のマナー

ギャンブルって無法地帯のようで、実はちゃんと、最低限のマナーがあった。
わたしが師匠に教わったのは、まず「負けてもちゃんと笑っていること」。これはギャンブルのマナーの、基本中の基本。
ギャンブルをやる人たちの中には、勝ってるときは調子がいいけど、負けたとたん、グジグジ文句を言ってすねたり、怒り出す人がけっこういる。そういうのは、もう、ぜんぜん、ダメ。マナー違反。ギャンブルなんて負けてあたりまえなんだから、「損した」「損した」って騒ぐくらいなら、最初からやるなって話なのよ。

Leave a Comment

Filed under ギャンブルの話

ギャンブルが本来は

じゃあ、負けてあたりまえのものを、なぜ、やるのか?
それは、ギャンブルが本来は「そういうものだとわかっているけれど、だまされることを楽しむ」という、大人の粋な遊びだからだと思う。
それなのに欲をかいて、本気で儲けようなんて思ったら、ダメなのよ!

Leave a Comment

Filed under ギャンブルの話

儲かっちゃう人

たまに、ものすご~く儲かっちゃう人がいるから、目がくらんじゃうんだと思う。
もしかすると、うまく勝てる方法があるんじゃないかって。
けどね、やっぱり、やればやるほど負けるのがギャンブルだと思う。基本的には、勝つことより負けることのほうがずっと多い、「負けてあたりまえのもの」だと思っていい。

Leave a Comment

Filed under ギャンブルの話

どんなに負けがつづいても・・・

どんなに負けがつづいても、「もしかしたら今度こそ勝つかもしれない。ウヒヒ」。
性懲りもなく、また夢を見ちゃうのがギャンブルってものなのよ。

Leave a Comment

Filed under ギャンブルの話