Category Archives: 貧乏の話

貧困の底で

貧困の底で、人は「どうにかしてここを抜け出したい」「今よりもましな生活をしたい」という「希望」を持つことさえもつらくなって、ほとんどの人が、その劣悪な環境を諦めて受け入れてしまう。
そうして「どうせ希望なんてないんだから、考えたってしょうがない」という諦めが、人生の教えとして、子どもの代へと受け継がれていく。
考えることを諦めてしまうなんて、人が人であることを諦めてしまうにも、等しい。
だけど、それが、あまりにも過酷な環境をしのいでいくための唯一の教えになってしまう。

Leave a Comment

Filed under 貧乏の話

貧乏人の子は、貧乏人になる

貧乏人の子は、貧乏人になる。
泥棒の子は、泥棒になる。
こういう言葉を聞いて「なんてひどいことを言うんだろう」と思う人がいるかもしれない。でも、これは現実なのよ。
お金が稼げないと、そういう負のループを断ち切れない。生まれた境遇からどんなに抜け出したくても、お金が稼げないと、そこから抜け出すことができないので、親の世代とおんなじ境遇に追い込まれてしまう。
負のループの外に出ようとしても「お金を稼ぐ」という方法からも締め出されてしまっている、たくさんの子どもたちがいるんだよ。

Leave a Comment

Filed under 貧乏の話

豊かな人は貧しい人の気持ちがよくわからない

豊かな人は貧しい人の気持ちがよくわからないし、貧しさの中で、人は自分よりもっと貧しい人をバカにするようになる。わたしは、育った町でそういう現実をいっぱい見てきたからね。
自分とちがう境遇の人の立場や気持ちを想像することができない、想像力の欠如っていうのも、「人を人でなくしてしまうもの」のひとつかもしれないね。
そして、それは「カネ」が生みだす格差の中にも潜んでいるものだと思う。

Leave a Comment

Filed under 貧乏の話

「人間はお金が全てじゃない」?

「人間はお金が全てじゃない」「しあわせはお金なんかでは買えないんだ」っていう、アレ。
そう言う人は、いったい何を根拠にしてそう言い切れるんだろう?
それぞれに血のにじむような思いでつかんだ「経験則」ってものがある。そういう人には上っ面なきれいごとは、まず通用しないよね。
それを「お金じゃない、人の心の豊かさ」なんて言い切ってしまうことが、どれだけ傲慢なことか。

Leave a Comment

Filed under 貧乏の話

お金との接し方は・・・

お金との接し方は、人との接し方に反映する。
お金って、つまり「人間関係」のことでもあるんだよ。

Leave a Comment

Filed under 貧乏の話

金銭感覚っていうのは・・・

金銭感覚っていうのは、日々の習慣の積み重ねによってつくられていくものなんだよ。
ギャンブルや、投資、借金は、その人の金銭感覚を拡大して見せてくれるものだけど、その金銭感覚をつくる元は、子どものころからの日常の習慣なんだと思う。

Leave a Comment

Filed under 貧乏の話

若いうちから・・・

若いうちから「ラクして稼ぐ」ことばかり考えて、いざというときの判断のベースになる「金銭感覚」が身についていないと、やすやすと足元をすくわれてしまうよ。
最近は「自分のお店を持ちたい」といって、若いうちから起業を考える人も増えているようだけど、そのための元手が足りないからって、安易に借金をするのもやめたほうがいい。こつこつ元手をつくりあげることもしないで、いとも簡単によそからお金を借りる人間の商売がうまくいくとは、わたしには、とうてい思えないもん。

Leave a Comment

Filed under 貧乏の話

「貧乏」と「ギャンブル」と「借金」

ギャンブルのために借金なんかしたら、行き先は絶対に「地獄」だと思っていい。
「貧乏」と「ギャンブル」と「借金」は、そのくらい直接に結びつくものなのよ。
本当は、お金がないときにいちばん手を出したらいけないのがギャンブルなのに、現実はむしろ逆だよね。お金がないことを、ギャンブルで何とかしようと考えてしまう人が多い。これは本当に、危険な考え方だと思う。

Leave a Comment

Filed under ギャンブルの話, 貧乏の話

転ばぬ先の杖

転ばぬ先の杖というけれど、大人の世界の「カネ」の話って、転んでからじゃ、遅いことばっかりよ。

Leave a Comment

Filed under ギャンブルの話, 貧乏の話

単に「カネ」があるってこと

だから大事なのは、単に「カネ」があるってことじゃない。
働くこと。働きつづけるってことが、まるで「自家発電」みたいに、わたしがその日を明るくがんばるためのエンジンになってくれたのよ。

Leave a Comment

Filed under 才能の話, 貧乏の話