Category Archives: 才能の話

単に「カネ」があるってこと

だから大事なのは、単に「カネ」があるってことじゃない。
働くこと。働きつづけるってことが、まるで「自家発電」みたいに、わたしがその日を明るくがんばるためのエンジンになってくれたのよ。

Leave a Comment

Filed under 才能の話, 貧乏の話

自分にしっくりくる世界

どこかに、自分にしっくりくる世界がきっとある。
もし、ないとしたら、自分でつくっちゃえばいい。
働くっていうのは、つまり、そういうことでもあるんじゃないかな。
仕事っていうのは、そうやって壁にぶつかりながらも、出会った人たちの力を借りて、自分の居場所をつくっていくことでもあると思う。

Leave a Comment

Filed under 才能の話

自分がいる場所が気に入らなく・・・

だから思うのよ。
今、自分がいる場所が気に入らなくって、つらい思いをしてる子だって、その「嫌だ」って気持ちが、いつか必ず、きっと、自分の力になる。
マイナスを味方につけなさい。今いるところがどうしても嫌だったら、ここからいつか絶対に抜け出すんだって、心に決めるの。
そうして運よく抜け出すことができたんなら、あの嫌な、つらい場所にだけは絶対に戻らないって、そう決めなさい。
そうしたら、どんなにたいへんなときだって、きっと乗り越えることができるよ。

Leave a Comment

Filed under 才能の話

「才能」って、人から・・・

だから、わたしは思うのよ。
「才能」って、人から教えられるもんだって。
いい仕事をすれば、それがまた次の仕事につながって、その繰り返し。ときには自分でも意識的に方向転換をしながら、とにかく足を止めないってことが大事。

Leave a Comment

Filed under 才能の話

「才能」っていうのは・・・

「才能」っていうのは、そんなふうに、自分だけじゃわからない、見えてないものだと思う。自分で「こうだ」と思い込んでることって、案外、的外れだったりするからね。
何でも仕事をはじめたら、「どうしてもこれじゃなきゃ」って粘るだけじゃなくて、人がみつけてくれた自分の「良さ」を信じて、その波に乗ってみたらいい。

Leave a Comment

Filed under 才能の話

自分に向いてる仕事がない・・・

よく「自分に向いてる仕事がない」って言う人がいるけど、食わず嫌いしてるってことも、あるんじゃないかな。やってみなきゃわからない、そんなことって、この世界には、いっぱい、あるからね。自分のことをやる前から過大評価してると、せっかくのチャンスを逃してしまうかもしれないよ。

Leave a Comment

Filed under 才能の話

どうしたら夢がかなうか?

「どうしたら夢がかなうか?」って考えると、ぜんぶを諦めてしまいそうになるけど、そうじゃなくって「どうしたらそれで稼げるか?」って考えてみてごらん。
そうすると、必ず、次の一手が見えてくるものなんだよ。

Leave a Comment

Filed under 才能の話

才能がある人は・・・

それは、たくさんの努力やがんばりで何とかできる距離じゃない。神様からもらったセンスみたいなものが必要になる距離なのよ。
才能がある人は、その才能を頼みにして、華やかな道をどんどんつき進めばいい。
そうじゃないわたしには、わたしなりの別のやり方があるはず。

Leave a Comment

Filed under 才能の話

最下位の人間に・・・

最下位の人間に、勝ち目なんかないって思う?
そんなの最初っから「負け組」だって。
だとしたら、それはトップの人間に勝とうと思っているからだよ。目先の順位に目がくらんで、戦う相手をまちがえちゃあ、いけない。
肝心なのはトップと自分の順位をくらべて卑屈になることじゃない。
最下位の人間には、最下位の戦い方がある!
たとえ最下位だろうと、どこがどう最下位なのか、自分のことをちゃんとよくわかれば、勝つ目は必ず見えてくるはず。

Leave a Comment

Filed under 才能の話

角度と向きを変えると・・・

角度と向きを変えると、同じものでもまったくちがうふうに見える。それを冷静に判断できるようになることを、「客観性を持つ」という。
他人とくらべて、自分の何がちがっていて、どこがどう足りていないのか
それがちゃんと自分でもわかっていないと、その先の展開も、あいまいでなりゆきまかせのものになってしまうからね。どんなことであれ、「客観性を持つ」のは、人がまず自分なりのスタート地点に立つために、とても大切なことだった。

Leave a Comment

Filed under 才能の話