角度と向きを変えると・・・

角度と向きを変えると、同じものでもまったくちがうふうに見える。それを冷静に判断できるようになることを、「客観性を持つ」という。
他人とくらべて、自分の何がちがっていて、どこがどう足りていないのか
それがちゃんと自分でもわかっていないと、その先の展開も、あいまいでなりゆきまかせのものになってしまうからね。どんなことであれ、「客観性を持つ」のは、人がまず自分なりのスタート地点に立つために、とても大切なことだった。

Leave a Comment

Filed under 才能の話

Comments are closed.